FC2ブログ

『夢を見ない国』 - 世界の中の日本 -

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

夢を見る日本。そして、夢を見せる日本へ…。「世界の中の日本」って?そもそも「日本」ってどんなだろう?

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

「夢を見せる」国 アメリカ 

2010.04.16
Fri
18:49

2030年代、火星へ有人飛行…米大統領(2010/4/16)
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100416-OYT1T00472.htm

人は、、、

「夢」を見ることで、成長していく。
「夢」のため、努力を惜しまない。
「夢」があるから、希望を持って生きていける。

じゃあ、「夢」がなかったら・・・?
「夢」のない世界を、想像してみると、暗くなってくる。。。

それでも、人は、「夢」を求める生き物。

dream...
American dream....
I have a dream....

なんで、アメリカは、なんだかんだすごいのか。
軍事力、経済力、人口、
地理的要因、歴史的要因(第二次世界大戦では一人勝ち状態)、などなど。。。
いろんな理由があると思う。

けど、そんなことより、
アメリカは、世界に「夢を見せている」からじゃないかと思う。

軍事力では、昔はアメリカと競っていたソ連がいた。

経済力では、アメリカと貿易摩擦で対立たこともある日本もいる。

総合的にも、EUとしてまとまることによって、
軍事力も経済力も国際的発言力も増してきているヨーロッパもいる。

中国だって、軍事力も経済力も伸ばしてきてる。

それでも、どう想像しても、
今後も、まだまだアメリカが世界のトップから落ちる可能性は低いように思える。

世界のトップである存在は、世界に「夢」を与えている国がなるのだと思う。
良くも悪くも、みんながあこがれるのは、アメリカ。
世界に「夢」を見させてくれるのは、アメリカだと思う。

もちろん、アメリカを批判する人も、嫌いな人も世界中にはたくさんいるでしょう。
(日本人は比較的、アメリカ好きだけどw)

そういう反アメリカ的な人でも、
「アメリカのような強さが欲しい」、
「アメリカのような、経済的にも、文化的にも、豊かさが欲しい」
そうやって、多くの人は、なんだかんだアメリカの「夢」を見せてもらっているんじゃないかな。

昔と比べ力が衰えているように思われるアメリカ。
それでも、
「核なき世界」を提唱したり、
「火星への有人飛行」を目指したり、
昔も今も、世界に、「夢」を与えているのはアメリカ。
ちなみに、実現できれば、どちらも、人類の進歩の大きな一歩であり、夢の実現。

動機や実現性を考慮しても。
今も、世界に「夢」を与えようとしているのは、アメリカだけ。


じゃあ、アメリカ以外の国は。。。と見渡してみると、、、

夢を「見ている」国はたくさんある。

発展を夢見て、軍事力も、経済力もぐんぐん伸ばしている中国。
かつての栄光を夢見て、まとまり、影響力を増しているEU。

「夢を見せていた」国だってある。
ソ連は、かつては、理想的な世界(共産主義の世界)という夢を見せていた時代があった。
だから、昔はアメリカと対等に競っていたんじゃないかな。

今は、共産主義と聞くと、独裁、腐敗、弾圧、粛清などの悪いイメージがあるかもだけど、
そもそもの理念、理想自体は、決して悪くないと思う。
「みんなが平等の世界」それ自体は、夢を見させてくれるものだと思う。

けど、その実現ができず、
結果的に、独裁、弾圧などの悪いイメージとなり、というか、そーいう現実になったために、
世界に「夢を見せる」ことができなくなったから、崩壊していったとも言えるんじゃないかな。

けど、EUも、中国も、かつてのソ連であったロシアも、
アメリカに代わって、夢をみる対象になるかと言われたら、現状ではならないと思う。
中国は、急激に発展しているけど、中国とアメリカ、どっちのようになりたいか、
と言われれば、アメリカと答える人が多いでしょう。
語弊を招くのを承知でいえば、中国は、「夢」より「脅威」を与える傾向が強いと思う。
「脅威」「パワー」だけでは、いずれは限界がくると思う。

ただ、EUは、地域統合、地域共同体としての夢見る対象にはなるかもだけど。
実際、東アジア共同体をつくりEUのような成功を目指している人、国もいるし。

ただし、EUがアメリカが与えてることのできない新しい夢のある世界を、
与えてくれるかといわば、少なくとも今の状況ではないように思える。

ところで、日本は、、、?

つづく。

↓よかったらクリックしてくれる嬉しいです。お願いします。
FC2 Blog Ranking


↓よかったらクリックしてくれると嬉しいです。お願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: 夢を見せる国と夢を見ない国-アメリカと日本-

テーマ: アメリカ合衆国

ジャンル: 政治・経済

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://waku326.blog108.fc2.com/tb.php/13-daa5866a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。